誰でも書ける企画書の書き方

企画書の構成

企画書の基本構成

企画書は4つの構成①確認・②目的・③プロセスの設計・④実施計画がしっかりと出来ていれば、ほぼ完成したも同然です。あとは内容厚みを持たせれば良いのです。


①確認

具体的目標の確認、商品内容や事業内容の現状や状況を把握する。

例えば新商品の販売戦略、新人社員教育研修を行う、といった”前提条件”がすでに決まっている場合は、確認の意味で簡単に書けば充分です。

②目的

抽象的な表現ではなく、具体的にはっきりと主張するようにします。

           
×

「売り上げ前年比30%アップ」

「売り上げ増を目指す」

「社会人としての基本マナーを習得する」
「業務内容の習得」

「新入社員のレベルアップを図る」


相手にとってどんなメリット(企画書がもたらす利益や価値)を与えられるかを書きましょう!

③プロセスの設計

企画書で一番重要な部分になってくる部分です。目的を達成する為には、一つ一つのプロセスを踏まないと企画を達成することはできません。対象はどこに絞るか?地域の生活態度や特徴は?競合店情報は?、また広告戦略は?

         
対象

・20代女性をターゲットに
・ネット利用者を対象に 等

エリア

都心部・郊外・関西圏 等

期間

・「3ヶ月間○○キャンペーン」等
ビジネスでスケジュールが決まっていないのはない。ネット通販大手楽天では期間限定戦略を効果的に利用しています。

どのように

・コンセプトを立てる
・媒体戦略
・競合相手との差別化

なぜこういった戦略がいいのか?を書くと企画に説得力を持たせる事が出来ます。

例えば、過去に液晶無しの通話専用端末「ツーカーS」という携帯電話がありました。古い事例ですが、これは、事前のアンケートやヒアリング調査を行った結果、日々高機能になっていく携帯電話を使いこなせない、機能を全く使用していない、つまり、「電話としての機能だけを求めている層」が存在するという具体的な説得力を得て開発されたものです。


④実施計画

最後に企画する為の計画です。

  • ・費用はどれくらいかかるのか?
  • ・どういったスケジュールで?
  • ・人員は?

これらの小さなプロセスを踏むことによって最終的な大きな目的を達成する事が出来るのです。

inserted by FC2 system