誰でも書ける企画書の書き方

■企画書例文

例文は、企画書の内容だけですので、「誰にあてたのか」「作成日はいつなのか」「誰がつくったのか」は省略されています。実際に企画書を作る場合は最低限必要な項目になりますので忘れないようにしましょう。


パッケージツアーの開発販売企画

熟年向けパッケージツアーの開発と販売

1.背景
  1. 付加価値の高い商品を販売するためにはターゲット層のニーズを深く知る必要がある
  2. 付加価値商品の潜在顧客を見つけるマーケティング

2.企画目的
  • 熟年向け最適商品の開発ならびに効率的販売方法の確立

3.基本戦略
  1. アンケートDMを発送しパッケージツアー開発の基礎データを収集
  2. 収集データを分析し最適商品を開発し、DMで販売する

4.開発販売方法
  • 【第1段階】熟年層の望むパッケージツアーをマーケティング
    • 調査対象:50歳以上男女1500名(2万人のリストから、ランダム抽出)
    • 調査方法:DMによるアンケート調査
    • 調査内容:旅行履歴、今後の計画、パッケージツアー選択基準、希望するパッケージ内容、趣味、属性ほか
    • 回収妄評:40% 600名
  • 【第2段階】調査結果に基づくツアー企画
    • アンケート結果を分析し最適商品を開発する。
    • 開発する商品(パッケージツアー)の参加可能性のある層を探り、属性を知る。
  • 【第3段階】企画されたツアーのDMでの販売
    • 企画された商品に適合する見込み客層をリストから抽出
    • 抽出リストにDMでアプローチを実施
  • 【第4段階】内部顧客リスト以外への拡大展開
    • 上記の結果を基に外部リストを使用してDMアプローチを実施

5.スケジュール
  • 添付参照(制作スケジュール表)
6.制作費用
  • 見積り明細

事例別企画書例

スキルアップ研修

1.現状

①各営業所のベテラン営業社員が指導員としてオン・ザ・ジョブ・トレーニングで接客方法を教えている。このため指導員の質、経験により接客方法にばらつきが出ている。
②お客様は商品の購入の場合、2~3の同業他社の製品を見てから購入を決定している。価格や品質の比較のほか、接客満足度が商品購入に大きく影響する。

社内報

1.目的

1.社内融和と結束力を固める。
2.経営者、本部、各支店間の理解を深める。
3.従業員全員が相互に触発しあう場をつくる。

2.配布対象

従業員全員、また独身者の実家へ。


ホームページ開発

1.背景

ホームページは消費者がレジャー情報を収集するための重要な媒体に成長してきており、レジャー施設にはなくてはならない宣伝媒体として魅力あるホームページの開発が急務である。

2.目的

当社の認知率と話題性を向上させ、来場を促進させる

3.開発基本コンセプト

企業イメージ調査

1.目的

CI戦略の基礎資料となる企業イメージを調べる

2.調査地域・対象者

地域:全国
対象:当社商品購入者

3.調査手法

データベースマーケティング

1.目的

①顧客からのリピート購入の促進
②顧客データを利用して新規顧客開拓
③新製品開発のためのデータ収集

2.戦略

・データベースの新規開発
・顧客情報の一元化
・種目別(年代、性別、職業、購入動機等)の顧客情報の収集
・顧客情報を使用したマーケティングプログラムを実施

ネーミング戦略

1.ネーミング開発企画

ターゲット
・メインターゲットは40代以上の主婦
・六本木ヒルズ周辺は富裕層をターゲットにしたショッピングタウンとして知られ、可処分所得の高い有料の顧客が多く、健康自然食品等に注目している方も多い
商品コンセプト
・”カラダの中から美しく”
商品の特徴

実演販売

実演販売では、お客様に直接商品の効果、使い方をアピールすることができます。”これまでにない切れ味””いつまでも使え、丈夫で長持ち”という商品特性をお客様に理解させ、売上アップを図るのに最適な方法です。

1.企画目的

”骨太包丁”の商品認知を高め、販売を促進する

2.実施概要

カタログ製作

企画主旨

当社には総合カタログがあるだけで、高級商品に限定したカタログはありません。最近消費者の2極化が進行しており、当社としても高額商品の販売は営業上望むところであり、カタログの製作をご承認いただきたくご検討お願いいたします

1.目的

高額商品の販売促進

2.製作基本方針

広告キャンペーン

1.目的

骨太学習塾、夏期講習受講者を獲得

2.対象

・中学1年生~3年生の男女
・上記対象者の保護者

3.基本コンセプト

・長年の蓄積されたノウハウと実績に自信があります。
・志望校合格を勝ち取る為の必須講座です!

インタビュー調査

1.調査目的

新商品の味や香りについての評価を知る。
ターゲット層からの意見を収集する。

2.調査対象

30代、40代、50代主婦

3.調査方法

(フォーカスグループインタビュー)
一般的なフォーカスグルーピインタビューを実施し、コンセプトに関しての質的情報を収集する。

日本酒消費量実態調査

1.調査目的

・消費者の日本酒摂取量の実態を明らかにする
・有名日本酒ブランドの摂取状況と主要競合銘柄の比較を行う

2.調査対象

東京・大阪・名古屋地区 各200名  合計600名
20代~40代 男性400名 女性200名

3.調査方法

質問表を作成し、インターネットによる回答を求める

ダイレクトメール企画

1.企画目的

・新商品売上促進のため、骨太商事全店舗への来店を促す

2.DM制作基本戦略

従来にないユニークな形状のDMを作成し、開封率を上げる
魅力ある特典をつけて、早期アクションを起こさせる
対象者は20~40代の女性

3.具体的提案

形状
DMそのものをアクセサリーの形に切り抜く。(添付デザイン参照)
このDMを透明の封筒に入れ発送。新商品を連想させる。

PR誌発行企画

1.企画目的

いなか村の魅力をアピールし村への来訪を促す

2.テーマ

""日本の原風景が残る村""
あたたかな温泉と、昔ながらの風景が残っているいなか村

3.配布対象

・いなか村商工組合参加各店
・新聞社、雑誌社、テレビ局などのPR先媒体社
・その他希望者

パッケージツアーの開発販売企画

1.背景

・付加価値の高い商品を販売するためにはターゲット層のニーズを深く知る必要がある
・付加価値商品の潜在顧客を見つけるマーケティング

2.企画目的

熟年向け最適商品の開発ならびに効率的販売方法の確立

3.基本戦略

・アンケートDMを発送しパッケージツアー開発の基礎データを収集
・収集データを分析し最適商品を開発し、DMで販売する

カスタマーサービスセンターの創設

1.現状

・回線が少なくお客様を待たせ、クレームになっている
・営業スタッフが兼任で対応しているため、業務に支障が出ている
・対応の方法も個々のスタッフ任せで、一定していない
・問い合わせ対応に追われ、新規営業は一切できない
・社内スペースやスタッフ補充が難しい

2.解決案

inserted by FC2 system